テラノレグラスのブログ-SINCE 2020-

運命的に出会い、即決で購入した日産・テラノの派生車であるテラノレグラス(KH-JTR50)について購入時のことから今までの記録。

昨日のドラフトでヤクルト2位指名を受けた明大・丸山和郁外野手の地元、群馬県高崎市倉渕町の林道・久能沢線(くのうざわせん)をテラノレグラスで走行!

先日のプロ野球ドラフト会議でヤクルトから2位指名を受けた群馬県高崎市倉渕町出身の明大・丸山和郁外野手。

www.sponichi.co.jp

この倉渕町というところは高崎市内でも特に自然が豊かな場所で、町内には群馬県最古の蔵元である牧野酒造もある。

terrano.hateblo.jp


昔から米作りが盛んな地域ということもあり、ちょうど収穫を迎える今の時期は刈り取った稲を昔ながらの天日干しにする風景が風物詩だ。

f:id:troutist:20211012124532j:plain

テラノレグラス@倉渕の農道

高崎市唯一の道の駅である「くらぶち小栗の里」では先日まで恒例の案山子祭りがおこなわれていた。

f:id:troutist:20211012124555j:plain

恒例の案山子祭り

f:id:troutist:20211012124611j:plain

こんな感じで地元の企業、団体がオリジナル案山子を作成して展示。
写真の案山子は先述の牧野酒造のもの。

このラベルがモチーフかな(笑)。

道の駅「くらぶち小栗の里」は高崎市の倉渕支所と隣接しており、この辺が町の中心部と思われる。


酒と農産物、そして雄大な自然があれば当然林道もある!

今回は高崎市倉渕町と安中市松井田町を結ぶ地蔵峠山頂付近から倉渕町の水沼地区へと抜ける林道・久能沢線を走行してきたので紹介したい。



地蔵峠の山頂から少し北の倉渕寄りに林道「久能沢線」の分岐がある。

f:id:troutist:20211012220023j:plain

ちょうど工事をしている場所の脇道。

普通に通ると見逃してしまいそう。

f:id:troutist:20211012220037j:plain

林道・久能沢線の標識。
ゲートも閉まっていないからGO!

f:id:troutist:20211012220047j:plain

まもなく舗装路から未舗装のダートへ。

f:id:troutist:20211012220057j:plain

写真のように広くなっている場所もあり走りやすい。

f:id:troutist:20211012220106j:plain

舗装路と未舗装路が交互に続く・・・

f:id:troutist:20211012220117j:plain

高崎市 群馬県知山林道協会による看板。

f:id:troutist:20211012220130j:plain

テラノレグラスと林道・久能沢線の看板

f:id:troutist:20211012220140j:plain

道幅にも余裕があって荒れてないので走りやすい♪

f:id:troutist:20211012220156j:plain

・・・と思ったら倒木!

なんとかギリギリ通過する。

f:id:troutist:20211012220226j:plain

そして終盤へ・・・

f:id:troutist:20211012220235j:plain

終盤は林道沿いを沢がが流れていた。
紅葉の時期は穴場のドライブスポットっぽい!

f:id:troutist:20211012220247j:plain

無事にゴール!

f:id:troutist:20211012220256j:plain

ここを右に行くと林道「水落線」。

f:id:troutist:20211012220307j:plain

今回は水落線に入らず倉渕の町中方面へ。
「ここから車の通り抜けへできません」の高崎市の標識があるが
逆から通り抜けてきてしまった。

f:id:troutist:20211012220316j:plain

林道・久能沢線の標識。
一応、こちらが起点となるらしい。

f:id:troutist:20211012220328j:plain

間もなく民家が見えてきて倉渕の町中へ。

20分弱の林道だったけど道幅も広く、オフロード気分も十分味わえたのでちょうど良い林道だった♪

最後になったけど・・・

丸山和郁選手、倉渕町初プロ野球選手として頑張ってください!!

【倉渕のおすすめ宿泊施設】
天然温泉&キャンプサイトもある宿泊施設「はまゆう山荘」は倉渕から北軽井沢へと抜ける二度上峠の手前にあり、位置的には草津温泉四万温泉にも行きやすい立地なので拠点としてもおすすめだ。